テーマ:整備

船舶検査済票更新

定期検査に合格し、JCIから新しい船舶検査証書、船舶検査手帳、船舶検査済票、次回検査時期指定票が届きました。検査済票ステッカーを張り替えるのにいつも苦労します。古いステッカーは粘着が強く、なかなか剥がれません。ドライヤーで温めながらゆっくり剥がすとうまくいく時もあります。しかし、ステッカー表面が紫外線で劣化している場合はボロボロにちぎれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

船舶検査

ヨットの定期検査の時期がやって来ました。JCIに受検申請をして検査手数料を振り込み。定期検査の手数料は24300円です。沿岸小型船の航行区域を取得しているので「火せん」と「信号紅炎」が船検の度に必要になり、船具屋さんで14100円で購入。船検には結構な金がかかります。人によっては「JCIはろくに検査もしないくせに・・・」などと文句を言う…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブロック取替え(見た目も大事!!)

先日のレースでメイントラベラーの動きがすこぶる悪くて苦労しました。整備不良でカーのベアリングの動きが悪かったこともありますが、よく見てみるとコクピット側面に取り付けてあるアップライトブロックが劣化し、ベアリング球が割れて転がり落ちています。これではまともに機能するはずがありません。ブロックは新しいものに取り替えればいいのですが、狭いエリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ライフライン取替え

先日のレース回航時にライフラインが1本切れてしまいました。「ホワイトホーク」のライフラインは5年前にワイヤーからダイニーマに仕様変更しています。強度はワイヤー以上でも耐久性に劣るダイニーマは早めに交換する必要があり、本来であれば切れる前に取替えておかなければなりませんでした。ダイニーマロープの良いところは自分で加工ができること。スエージ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋の整備「やることリスト」

今年のヨットレースシーズンは終わりました。今シーズンのレースはわずか2レースしか出れませんでしたが、大きなトラブルもなく戦えました。台風でレースが中止になったのが良かったのか悪かったのか・・・?エンジンや軸系の大掛かりな整備に着手することもできました。船齢も25年近くなると、あちこち不具合が出てくるのも無理はありません。あまり使ってなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の大整備

別府のヨットレースに行ったついでにちょっと上架してプロペラ軸系の整備を行う予定でした。シャフトブラケットのベアリングが減って振動が大きくなってきたので、カットラスベアリングに交換し、プロペラ軸を抜いたついでにPSSシャフトシールのベローズ(ジャバラゴム)を取り替える計画で作業にかかりました。プロペラ軸を抜き出すにはエンジンとプロペラ軸を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

週末は九州へ

台風19号が猛威を振るった体育の日の三連休。西日本では大きな被害はありませんでしたが海上は大荒れ。本来ならば「別府ゆけむりレース」が開催される予定でしたが早々に中止が決定しました。「ホワイトホーク」はすでに別府で上架中。そもそもはレースが終了してから上架し、プロペラ軸抜出の上PSSのベローズ新替えとシャフトブラケットのベアリングを交換す…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

とりあえず別府へ

10月の3連休は「別府湯けむりレース」。通常ならレース前日の土曜日に別府へ回航するのだけど、潮流を調べると最悪。ちょうど大潮で朝宇和島を出港するとずっと逆潮。しかも速吸瀬戸を南流最強時間帯に通過しなければなりません。しかも、日本の南には台風が発生している可能性が高く、大陸からの高気圧が張り出して間違いなく北寄りの強い風が吹きそうな気圧配…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クラゲの被害

10月に入ればヨットレースシーズン到来。シーズン前に船を上架して整備しようと思っていましたが、台風の影響やら何やらで結局ドックはできそうにありません。ドックに回航するつもりで大量のドック用資材を船内に積み込んでいたのだけど全部降ろすことにしました。一度船をスッカラカンにして、今度はレースに必要なセイルを積み込みます。セイルは台風避難…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

荒天時作業

先日の台風10号は無事に通り過ぎてくれたからよかったものの、進路が定まってからは気が気でありませんでした。超大型の台風が豊後水道をまともに北上すれば、進路に近い地域で被害が無いことの方が奇跡です。おまけに最接近する日は大潮。ヨットを係留している桟橋の崩壊や倉庫の屋根が吹き飛ぶぐらいの覚悟はしていました。ヨットや桟橋はクモの巣のようにロー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

酷暑

梅雨が明けて急に蒸し暑くなってきました。一気に真夏が訪れた感じです。一人でヨットの上で作業をしていると汗が噴出。時々水分を補給しながらメインセイルを取り外し、たたんでパッキングしたら倒れそうになりました。これはヤバイ。作業は中断してシャワーを浴び、びしょ濡れの衣服を取り替えます。強い日差しの下ではとても外で作業ができる状況ではありません…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

バッテリー配線の問題

YAMAHA31Sには2個のバッテリーが搭載してあります。当然バッテリースイッチもNo.1とNo.2、それから両方のバッテリーから給電するBOTHで切り替えられると思っていました。ところがある時、1つのバッテリー端子を取り外しているにもかかわらず、バッテリースイッチが1でも2でもBOTHの位置でも同じように給電していることに気付きました…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ポータブル電源

地震、津波、大雨、台風・・・ さまざまな災害がいつ発生してもおかしくない昨今。 緊急時の電源の確保は必須です。 昔なら予備の乾電池ですが、今は便利なものがあります。 リチウムイオン電池を搭載したポータブル電源。 比較的小さな150Wh程度のものだとコンパクトで重量僅か1.5kg。 緊急持ち出し用のリュックサックに入れてお…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

電動工具メーカーの扇風機

エアコン付きのヨットなら暑い季節の船中泊も快適に過ごせるのでしょうが、残念ながらそんな設備はありませんし設置しようとも思いません。 ホームポートでは家庭用の扇風機が使えますが、わざわざ運ぶのも面倒くさい。 かと言って小型のポータブルファンでは風量がなさすぎ。 最近では工具用のリチウムイオンバッテリーで駆動する家電が増えてきて重…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

電動工具メーカーの掃除機

今までヨットの中で掃除機を使うには結構面倒くさい準備が必要でした。 陸上からコードリールを浮き桟橋まで引っ張り、さらに延長コードを船内に引き込んでやっと100V電源を確保。 船内で使用中もコードが邪魔になり使い勝手がよくありませんでした。 コンパクトなコードレスクリーナーが欲しいと思っていたところ、主婦の間で「マキタ」の掃除機…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

高所作業

鳥さんの繁殖シーズンなのでしょうか、気が付けばいつもマストに鳥が止まっています。 たぶんヒヨドリかな・・・? 地上に比べて海の上は天敵がいなくて安全な場所なのかもしれません。 おかげでデッキの上は糞だらけ。 マストトップに止まった鳥を追っ払おうと、バックステーをブルブルっと揺すったら、バックステーを伝ってステンレスの金具が落…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セイルバッグのリメイク ②

役目を終えたセイルバッグは遠征用のセイル置き場に生まれかわりました。 レースで遠征するときは長いソーセージバッグを最低3本積んで行きます。 これにスピンバッグや個人用の荷物となると船内で人が休めるスペースがなくなるし、必要なものが取り出せなくて機能性が悪い。 セイル様には一段上に上がっていただき、下で人間が横になれるスペースを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セイルバッグのリメイク ①

不用品の整理をしていたら、使わなくなったヘッドセイルのソーセージバッグが出てきました。 少し汚れているけど、捨ててしまうのはもったいない。 何か活用する方法はないかと考えていると、いいことを思い付きました。 自宅に持ち帰り、不要なパーツを取り外して必要な大きさにカット。 押し入れからミシンを出してきてガタガタガタガタ・・・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

内装完成!!

週末3週間かけて、仮の内装がやっと仕上がりました。 フィルム貼りはどうしても一人の手ではうまくいかず、奥様に作業を手伝ってもらいました。 結局はマットの作成や縫い物など、ほとんど女性陣の労力により仕上がったようなものです。 とりあえず、ゴールデンウイーク前に作業を終えることができてよかった。 カジュアルでいい感じの雰囲気にな…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

仮の内装作成中

先日、セティバースのソファーを全部取っ払いメインキャビンの内装を丸裸にしました。 白いインナーモールドにこびり付いた鉄粉の汚れを5時間かけて除去し、船内をきれいに磨き上げました。 取り外したソファーのファブリックを全部貼り直して復旧するには、週末のDIY作業で数カ月はかかると思います。 せっかくきれいに磨き上げたキャビンに修理…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

内装撤去

ドックをして船底はきれいになりました。 船を下ろして、デッキも船内もきれいに掃除してピカピカにしました。 でも一つだけ気になるところが・・・ 見えないところが、じつは手の付けようもないぐらい汚れているんです。 YAMAHA31Sのセティ―バースのソファーはとても立派で、高級家具のような作りになっています。 ところがそれを取…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まもなくシーズンイン

ドックで上架し船底塗料の塗り替えも終わりました。 ハルは時間に追われながらもなんとか水垢を落とすことができましたが、デッキの上やキャビンの中は汚れまくっています。 きれいな状態でヨットのシーズンを迎えたいので、頑張ってお掃除をしました。 船内の埃はダスター刷毛で集めて掃除機で吸うのが効果的。 デッキは水洗いして、コクピットや…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春です。ドックです。

今年もドックの季節になりました。 毎度のことながら、ドック整備にはエネルギーを使います。 ただ船底塗料を塗り替えるだけなら半日もあれば終わりますが、予定された時間内にできる限りのことをやりたいのでつい頑張っちゃう。 この週末は少し肌寒かったものの天気が良くて作業が捗りました。 ヒヤッとするようなアクシデントもありましたが、な…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クジラが泳ぐ海

春はドックの時期です。 船内に大量の資材を積み込んで雨の中出港。 発達中の低気圧が通過中で強い南風が吹いています。 春の嵐ですが、ドックまでは追風で走れるので楽勝です。 プレーニングを楽しみながら鼻歌まじりで機走していると、近くで「ザッパーーン!!」 見ると左舷側正横約50mぐらいのところにクジラの背中。 正確な大きさは…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

強風!!アンカーロープがちょん切れた

3月になって天候が安定しません。 本格的な春の訪れを前に目まぐるしく天気が変わり、急速に発達する低気圧の影響で強い風が吹く日があります。 そろそろドックの準備をしなければならず、ヨットの様子を見に行くと、バウから2本取っているアンカーロープのうち1本がぶらり。 「あ~あ、ちょん切れてる・・・」 アンカーロープを引き上げように…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

桟橋架け替え

ポンツーンに渡る桟橋が木材の腐食で危険な状態になってきたため新替えすることにしました。 知り合いの大工さんに新しい桟橋を作ってもらったのはいいけど、重くて持ち上げようとすると腰が抜けそうです。 これを取り替えるのは一苦労。 おっさん4人がかりで古い桟橋を陸揚げし、新しい桟橋をやっとのことで設置しました。 みんなの腰はなんとか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニス塗装

今シーズンのヨットレースも終わったので少しずつ整備を始めます。 3年ぶりに船内の床板を外し、ニスを塗り替えることにしました。 綺麗に見えるようでもけっこう傷ついています。 ダメージを受けた部分はサンドペーパーでこまめに削り、部分補修が終わればランダムサンダーで古いニスの表面だけをサンディングします。 塗装はシンナーを多めに入…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お彼岸の海

船内に大量の荷物を積載して三瓶まで回航。 雨上がりの高気圧張り出しで海上は時化模様です。 真正面からの風と波で潮をかぶりまくりですが、なんとか予定どおり昼前に到着。 船を上架し、船底を水洗いしてお楽しみのランチタイム。 ドックの時はこれが楽しみなんだよね。 午後からはF1のピット並みに作業を進めてボトムのメンテナンス。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

あうとほーる改良

メインセイルのクリューアウトホールのコントロールがしにくいらしい。 普段からこの艤装で乗り慣れているため今まで不便に感じたことはなかったが、レース中に引けない緩まないなどとごちゃごちゃする時間がもったいない。 YAMAHA31Sのブームエンドは口がぱっくり空いていて整備がしやすい。 アウトホールのテークルを引っ張り出してみると…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2GMの泣きどころ

西日本各地に災害をもたらした記録的豪雨。 今まで経験した中でもっとも危機感を感じた大雨でした。 雨が上がりヨットの点検に行ったところ幸いなことにまったく雨漏りはありませんでした。 床下にも機関室にもビルジは溜まってません。 しかし、よく見るとエンジンベッドの下に茶色の漏水跡があります。 異常があればすぐ分かるよう、普段から…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more