雑誌「Kazi」の居場所

例の特別定額給付金でリビングのソファを買い換えました。カウチタイプでごろりと寝っ転がれるのはいいのだけど、壁との間に20センチほどの無駄な隙間ができてしまうのが気になります。「この隙間にぴったりはまるサイドテーブルを作ればいいじゃん!!」寸法を測って、図面を描いて、材料を見繕って、さっそく作成。妻のアイデアでBOX型にして、中に雑誌と小…
コメント:2

続きを読むread more

3度目にしてようやく・・・

船頭に誘われ今シーズン3回目のイサキ釣り。潮の都合もあり、今回はちょっと早めに出船してみました。いつもの島のいつものポイントに錨を下ろし様子見。まだ明るいので、ウミガメが頭を出したりサメのヒレが見え隠れしたりします。潮はいい感じに流れていて・・・いきなりウキがスポーーン!!「この沈み方は・・・」待望のイサキです。3度目の釣行にして、やっ…
コメント:0

続きを読むread more

うわじま父の日ヨットレース?

コロナ自粛も緩和傾向となり、徐々に社会活動も再開し始めました。「そろそろ海に出よう!!」というグループLINEが回ってきて、日曜日にセイリングすることになりました。当日集まったのは宇和島ヨットクラブの5隻だけでしたが、せっかくなので幻に終わった「うわじまパールカップ」の憂さ晴らしレースです。海上の各艇にはLINEでスタート時刻が共有され…
コメント:2

続きを読むread more

2度目の出船

今シーズン2回目の出船です。今回も夜釣りでイサキを狙います。夜からは大雨になりそうな生憎の天気なのですが、ずぶ濡れになっても釣りたいというのが釣り人の性。ヨットも釣りも同じです。時化の中でスプレーを浴びながらヨットを帆走らせている時に磯場で釣り人を見かけると、「こんな時にどれだけ釣りが好きなんや?」と思うことがありますが、きっと向こうも…
コメント:2

続きを読むread more

高原の風

たまには海から離れて山の空気も吸いたくなります。「ちょっと行ってみようかねえ」車を走らせること1時間半で四国カルストに到着。蒸し暑い下界の空気とは違い、ここは天然のクーラーが効きまくりの楽園。夏は多くの人が避暑に訪れますが、さすがにコロナの影響もあってか人出も少ないようです。高原の風に癒されてしばしの極楽気分を味わいました。帰り道で天空…
コメント:2

続きを読むread more

ステイヨット

先週の土曜日は家族みんなでお墓参り。父が亡くなり、もう31年が経ちました。妻と子供達はそれぞれ用事があり帰宅したものの、私は実家に残って夜は一人でヨットに泊まることにしました。今ヨットを係留しているところは、かつて父が仕事のために使っていた小さな漁船を繋いでいた場所。海を愛した父と語らいながら、静かな夜を過ごしました。夜中に目を覚まして…
コメント:6

続きを読むread more

カジュアルな内装

ホームセンターをウロウロしているとマリンチックなフロアマットが目につきました。あまりにもベタなデザインなので人気がなかったのでしょう?売れ残りのセール品です。購入する気など毛頭なかったので一度はスルーするも、ちょっとしたアイデアが浮かび買って帰ることにしました。今までヨットの船内を土足禁止にしたことはありませんが、レースもないことだし巣…
コメント:2

続きを読むread more

夜航海

今年もいい季節になってきました。水曜日の平日ですが、船頭からのお誘い・・・「行ってみる?」『行く、行く!!』仕事が終わって直行し、午後6時出船です。向かうのは秘密の島の秘密の磯場。午後7時にアンカーし、周りが暗くなってからが本番です。心配していた雨も大丈夫そうだし、ローソン限定の鬼滅の刃おにぎりで腹ごしらえ。「さあ、やってみますかぁ…
コメント:2

続きを読むread more

ヨット界の問題

緊急事態宣言解除で徐々に日常生活も元に戻りつつあります。この週末は同じ職場の青年を連れてヨットに乗りました。彼はお隣の香川県から来ていますが、県外への移動が禁止されているため帰省することができず、毎週暇な週末を過ごしていたそうです。もともと海にかかわる仕事なので、ヨットに誘うと「ぜひ乗せてください!!」と言ってついて来ました。ヨットに乗…
コメント:2

続きを読むread more

係留桟橋大修理

ヨットを係留している浮桟橋へ渡るプラットフォーム支柱が老朽化で危険な状態です。25年ぐらい前に大工さんと一緒に作って設置し、2~3年ごとに補修をしながら維持してきましたが、そろそろ限界かもしれません。人が歩いているときに崩壊すれば大ごとです。同級生の工務店社長に相談すると「コンクリートで基礎を作ろうぜ!!」ということになりました。工事自…
コメント:2

続きを読むread more

ヨットの網戸(バウハッチ)

コンパニオンに続いて、バウハッチ用の網戸も自作しました。バウハッチ用はプラダン(プラスチック段ボール)で枠を作成。プラダンは軽くて安くて加工しやすい!!繊維の方向を90度ずらして貼り合わせるとかなり丈夫になります。作り方は簡単で、型を取ってプラダンをカットし、間に張替用網戸の網をサンドイッチして両面テープで張り合わせるだけ。問題は工作精…
コメント:4

続きを読むread more

ヨットの網戸(コンパニオンウェイ)

今シーズンはヨットレースもないし、クルージングにも行けない。ヨットに人が集まるのもどうなんだろう・・・ならば、新様式のヨットライフを楽しむのも良いかな?夏の夜には一人で船に泊まろう。そうなると、網戸が欲しいなぁ。コンパニオンとバウハッチ用の網戸を作成するため、さっそくホームセンターで材料を購入しました。コンパニオンは差板式のほうが簡単で…
コメント:5

続きを読むread more

帆柱登り・・・2本!!

ある日、セイリングをしているとウインデックスが揺れに合わせてカックンカックン。「あっ!!マストに上らねば・・・」一人じゃ登れんし、急いでやらなければならない仕事でもないので誰かが来たら手伝ってもらおう。そうこうしているうちに別の船のオーナーさんがボースンチェアーが必要というので貸してしまった。しばらくするとGWになり、仲間が集まった。『…
コメント:6

続きを読むread more

無人島へ

今年のゴールデンウイークは寂しいものです。こどもの日も外出自粛の子供達は退屈気味。連休最後はちょっとヨットで出掛けるかぁ?しかし、こんな時期です。ヨットで行ってウロウロしてたら白い目で見られるのは分かっています。だったら、無人島!!今シーズンはもうヨットレースは絶望的なので、倉庫の奥にしまい込んでいたキャビンテーブルを十数年ぶりに取り付…
コメント:2

続きを読むread more

スタンドアップパドルボード

今年のGWは「がまんウイーク」。3密を避けて家族で楽しめるものは何かないかと提案したところ・・・妻から「SUPなんてどう?」との回答。「いいねえ!!」さっそくアマゾンで検索してみると、そんなに高価なものではありません。「いいや、買っちゃえ・・・、ポチッ!!」注文して2~3日で届き、連休初日にヨット桟橋で進水式です。5月初めの海はまだ冷た…
コメント:2

続きを読むread more

鳥よけ対策

今年も新緑の季節を迎え、鳥さん達が頻繁に船に来るようになりました。繁殖の時期なんですね。遊びに来るのはヒヨドリ。スプレッダーやブームに止まって、フンを落としていってくれます。鳥が来るのはいいけど、フンは嫌だね。kazi誌巻末のマリングッズを見ていると、面白い商品がありました。しかもアウトレットプライス。「リペラー360」という商品で、1…
コメント:4

続きを読むread more

スゴモリライフ

週末はフローティングハウスで一人暮らし。風が強くて出港する気にはなりません。時間はたっぷりありますが、やることもたくさんあります。だけど、ゆっくりしたいので面倒な作業はしません。船内の清掃、エンジンの点検と調整、燃料油が微妙に滲んでいた原因箇所もつきとめたぞ!!木部材の防腐剤処理、リギンのビニテ巻き・・・一とおり終われば、音楽を聴きなが…
コメント:2

続きを読むread more

山へ登る

ホワイトホークを係留している湾の対岸にとても美しい形の山があります。「権現山」と言いますが、宇和島にはもう一つ同じ名前の山があるため、こちらは別名「三浦富士」と呼ばれています。その扇型はまさに富士。凪の日に海に映り込んだ姿は見ていてうっとりします。久しぶりに登ってみようか!?この山に登ったのは小学生の時に1度だけ。今では地元の人もあまり…
コメント:6

続きを読むread more

磯の幸

潮が引いたら磯遊び。カメノテがたくさん群生しています。誰も獲る人がいないんだろうね。今年の春は人がいない海や山で遊ぶのがトレンドか? にほんブログ村
コメント:6

続きを読むread more

今年もクジラが帰ってきました。

コロナ騒動の毎日。週末の土曜日にはドラッグストアーの開店前にマスク難民の行列ができます。朝7時にはすでに長蛇の列ができていて、今週は並ぶのを止めました。 ヨットに乗りに行こう!!5月のレースに備えて、せっかく船底のメンテナンスをしていたのに帆走らないともったいない。雨も大丈夫そうだし、4~5m/sの最適の風が期待できそうです。出港準備…
コメント:2

続きを読むread more