雑誌「Kazi」の居場所

20200613 (2).jpg
例の特別定額給付金でリビングのソファを買い換えました。
カウチタイプでごろりと寝っ転がれるのはいいのだけど、壁との間に20センチほどの無駄な隙間ができてしまうのが気になります。
「この隙間にぴったりはまるサイドテーブルを作ればいいじゃん!!」
寸法を測って、図面を描いて、材料を見繕って、さっそく作成。
妻のアイデアでBOX型にして、中に雑誌と小物が収納できるようにします。
材料は桐の集成材。
安くて加工しやすく、ホームセンターで簡単に手に入ります。
良くないところは、柔らかいため傷がつきやすいこと。
白っぽい木目を生かしたいので、天板は透明のニスで仕上げでることにしました。
これで傷もつきにくくなるはず。
今回は設計図に忠実に作成したため、仕上がり精度も完璧でした。
面倒でも設計図をきちんと描くことは大事ですね。
20200613 (3).jpg
20200613 (1).jpg
20200613 (4).jpg
20200613 (8).jpg
無駄なスペースを有効活用したテーブル兼収納のボックスが完成。
kazi誌がちょうど1年分入ります。
飲み物を置けるミニテーブルにもなり、お家生活が快適になりました。
20200613 (5).jpg
20200613 (6).jpg
20200613 (7).jpg




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ちょっと太目のジイサン
2020年07月02日 09:48
Cool!
ほわいとほーく
2020年07月02日 20:04
ちょっと太めのジイサンさま。
Thanks !
なかなか良くできましたよ。(^^)/