船舶検査

20191124 (1).JPG
ヨットの定期検査の時期がやって来ました。
JCIに受検申請をして検査手数料を振り込み。
定期検査の手数料は24300円です。
沿岸小型船の航行区域を取得しているので「火せん」と「信号紅炎」が船検の度に必要になり、船具屋さんで14100円で購入。
船検には結構な金がかかります。
人によっては「JCIはろくに検査もしないくせに・・・」などと文句を言うオーナーさんもいらっしゃることでしょう。
船検に合格したからと言って安全が保障されるものではないということは百も承知です。
私は定期的検査の時期に海上でトラブった時にどうするかを今一度振り返ってみる機会としています。
今まで長くヨットをやってきて座礁、デスマスト、セイル破損、機関故障、船内浸水・・・などいろいろなトラブルを経験しました。
幸いなのは命を落としていないこと。
船検を前にいつもビルジポンプの効力試験と航海灯の点灯確認はしておくことにしています。
ビルジポンプがなくても検査には合格しますが、実際に船内に浸水した時にバケツやあか汲みではどうしようもありません。
過去に1度だけ「火せん」を飛ばしたこともありますが、使い方を誤れば高額な救命設備も役に立ちません。
せめて使い方ぐらい理解しておかなければなりませんね。
JCIの検査員は1日に多数の検査を執行しなければならず大変なご苦労をされているようです。
検査準備を何もしてなくて必要な備品も揃ってないくせに、指摘をすると文句を言うオーナーさんもいらっしゃるようです。
たぶん海で怖い思いをしたことが無いのでしょう。
「JCIはろくに検査もしないくせにすぐ帰る!!」というオーナーさんの船はいい船なのだと思います。
ヨット乗りなら船検ぐらいサクッと終わらせましょう。
20191124 (4).JPG
20191124 (7).JPG
20191124 (6).JPG
20191124 (5).JPG
20191124 (3).JPG
20191124 (2).JPG



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ハミングバードV
2019年11月28日 02:21
船舶検査は…先見の明♪グーズネックのピンの交換とラニヤードのやりかえは…今年のうちにやっておきます。笑い。徹子の部屋出演する丘みどりさんの応援グッズの電池交換も♪笑い。
ほわいとほーく
2019年11月28日 20:24
ハミングバードⅤさま。
臨検に来られたJCIの検査員さんは「完璧です」と言って5分ぐらいで帰られました。
長く居られるより良いですね。
今日出勤前に徹子の部屋の予約録画をして出かけたはずだったのですが、帰ってみると録れてなくてがっかりでした。
次回の「うたコン」は確実にしておきますね。(^.^)