壱岐-福岡ヨットレース2019

20190916 (3).JPG
9月16日(敬老の日)
昨日から皆が「レースは吹くよ!!」と言っていたとおり厳しいレースコンデションになりそうです。
今回「5396」チームのメンバーは6人。普段は別の船で活動している面々です。
レース海面へ向かう艇上のミーティングで、オーナーから「X-35が目に届く範囲でレースをしましょう・・・」と指示がありました。
今回のレースでは私達が乗る『N/M36』と『X-35』は同じレーティング。
同レーティングのライバル艇に負けてはならないというのもあるのだけど、「5396」は関東から九州に来てまだ半年。
どの風域でどのくらいの走りをするのかが分からないため、今後のために走りを比較しておこうというのが目的です。
スタート前の艇上では使用するセイルの選択から各レグでの戦略など意見交換が行われ、いい感じの緊張感です。
20190916 (1).JPG
20190916 (2).JPG
08:00レーススタート。
「5396」はまずまずのスタートを切りました。
徐々に40ftオーバーの大型艇が長い水線長を生かして抜け出していきます。
関西から遠征してきたHPBの『K36 SAMURAI』も速いには速いが外洋の波に翻弄されている模様。
「ハミングバードⅤ」さんも早々に行ってしまいました。
艇団は大きさ順にほぼ直線上に並び、「5396」は参加34艇中の前から1/3より少し前ぐらいか?
マークしていた『X-35』は少し後方にいて思惑どおりのレース展開。
壱岐の島のブランケットを抜けると波が大きくなり10m/sの向かい風。
博多湾まではずっとクローズホールドの片上りです。
時折大波を喰らいながら辛抱のレース。
我々の風下側に「ウインドワードⅤ」(First 35)がいて、ずっと一緒に走っています。
コース中盤の烏帽子島を過ぎた頃、「ウィスパリングジャック」(エリオット12m)が上側を抜いていきました。
クルージング仕様にしているとはいえレーティングは『N/M36』と同じ。
今回のようなコンデションでは軽量な純レーサーよりクルーザーレーサーの方が走らせやすいのかもしれません。
20190916 (4).JPG
20190916 (5).JPG
博多湾入り口の玄海島が近くなり、いよいよレースも終盤。
並走する「ウインドワードⅤ」の方が若干先行しています。
博多湾に入っても風速は落ちません。
バウダウンして能古島沖のフィニッシュラインを向けると風も後ろに回りスピードアップ。
サーフィングで波に乗ると瞬間的に艇速16ktオーバーを記録。
「ウインドワードⅤ」を抜き去りました。
さらに、フィニッシュ直前で「ウィスパリングジャック」も捕らえ、ほぼレーティングどおりの順位でフィニッシュ。
少なくとも「5396」よりレーティングが低い艇には着順で負けてないはず・・・。
スタートしてから4時間半の長丁場でしたが皆さんお疲れ様でした。
結果を見ると少し残念ですが、今回のようなレースコンデションでは仕方ない気がします。
オーナーに良い思いをさせてあげられなくて申し訳ない思いもありますが成果もありました。
また機会があればこの艇とこのメンバーでレースを楽しみたいです。

20190916 (6).JPG
20190916 (7).JPG
20190916 (8).jpg



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ハミングバードV
2019年09月21日 03:57
久しぶりのサバイバルレースになりました。前日に節酒しておいて良かったですね。ウィンドワードさんのオーナーとは…以前はバースがお隣さんで…仲良しですよ。事故のなかったことを喜びましょう♪
ほわいとほーく
2019年09月21日 17:52
ハミングバードⅤさま。
ちょっと吹き過ぎましたね。
こんなレースもたまにはいいものです。
明日は台風17号が接近します。
右半円ですので、どうぞくれぐれもお気を付けください。
ちはやママ
2019年09月25日 10:47
大変なレースだったのですね。
好奇心だけで乗ってなくてよかったです。

強風の中、事故もなくてよかったです。
湯けむりに向けてやっと上架して作業しています。
船を出せない状況が続いて、恐ろしい船底になっていたそうです。
昨日、夫は疲れ果てて帰ってきました。
走れるようになるには時間がかかりそうです。大丈夫かな?
ほわいとほーく
2019年09月25日 22:45
ちはやママさん、こんばんは。
壱岐レースは楽しかったですよ。
少々時化られたところで、みんなできる人ばかり。
とても心強かったです。
「CHIHAYA」もきれいに整備されて喜んでいると思います。
別府にはおじゃまします。
「ホワイトホーク」も船底が汚れていますが別府に付いたら潜ってきれいにしますよ。
レースが済んだら冬ごもり前に上架しようかなぁ・・・?