ホワイトホークブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS うわじまパールカップ2017(その2)

<<   作成日時 : 2017/05/05 00:06   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

スタート海面には風がありません。
気温が上昇すれば風は出てくるのだけど、さていつから吹き出すか?
風はないけど、けっこうな潮が流れています。
スタート時刻は10時。
そよりと吹いていた風は急に風向を変え、潮に流された艇がかなりスタートラインをはみ出してしまってます。
案の定、ゼネラルリコール。
うわじまパールカップでは初めてのゼネリコだったかもしれません。
15分後に再スタートとなり、最初のスタート時の教訓を生かし、「ホワイトホーク」はアウターマークよりからスタート。
スタート後も無風ではないものの弱い風に苦しみます。
予想通り、博多の「ハミングバードV」や「マロロ」が先行していきますが、驚くほどは遠ざかっていきません。
「もう少し風があれば、あっという間に見えなくなってしまうんでしょうけどねぇ。」
振れまわる風に翻弄され悪戦苦闘。
最初は「ハミングバードV」がフリートをリードしていると思ったが、北側のコースを引いた「SAMMY」があっという間に抜け出してきた。
「さすが、さみー様。」
宇和島のコースを熟知しており、確実に先頭を走るYAMAHA33Sは超カッコイイ!!
その後も北側コースの艇がゾロゾロ続き、気付けば「ホワイトホーク」の前を10数艇のヨットが走っている。
「やばい、コース選択をミスったかも・・・!?」
「SAMMY」が円瀬浮標をトップで通過し、ぶっちぎるかと思いきや、なんか様子がおかしい。
急に針路を南へ変えた。
「あれ、もしかしてコースを間違えている? 今年は円瀬の先に第1マークがあるんだよ!?」
「いや、コースを間違えたのではなく、風が振れ回っている・・・」
この気まぐれな風に振り回されながら、先頭艇がようやく第1マークに差し掛かる頃、待望の風が出てきた。
第1マークをトップで回ったのは「SAMMY」だったか?
定かではないが、「SAMMY」ならば、すぐさま上がるはずの赤いスピンが上がらない。
「あれ?マークを回った後も上りになってるよ!!」
続々と有力艇が続き「ホワイトホーク」は13番目で第1マークにたどり着いた。
「前にいるのは速い船ばかりなのでしょうがないのだけど、それにしてもずいぶん置いて行かれたなぁ〜。」
しかも、一つ前には絶対に前を走らせてはならない「じゃっど」(YAMAHA30SU)が走っている。
ミラクルを信じてこのレースに挑んだものの、奇跡を起こすことは難しい状況になってきました・・・。
(つづく)
画像

画像

画像

画像

画像</div
画像


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
22回目にして初めてのゼネリコだったんですね。笑い。確かに、今回のスタート時の風は、潮に流されてしまうほどの微風でしたね。8月下旬に大村湾の微風の元で行われるハウステンボスカップレースのスタートも微風下のレースが多いですね。ヨットレースは、気ままな風の神様に嫌われない日頃の善行が大切ですね。笑い。詳細なレポートありがとうございます♪博多ヨットクラブのサイトにもY嬢の宇和島パールカップの楽しさを伝える遠征レポートが掲載されました。来年には、じゃんけんの練習を積んだ博多湾からの遠征艇が増えるかもしれません。新しくなった壱岐レースの詳細も間もなく掲載されますので、ご覧のうえ遠征をご検討ください。
辰巳 拝
ハミングバードV
2017/05/05 01:45
宇和島でゼネリコなんてありえないと思ってましたが、さすがに今回は取りましたね。
いずれ風は出るのですが、今年は吹き出したのが11時半ごろからと遅く、後続艇有利のレースになってしまいました。
博多ヨットクラブさんのサイトに掲載されているパールカップ参戦レポート拝見しました。
私たちは運営やパーティーの準備などでバタバタしており、よく周りが見えていませんし、至らないところも多くあると思います。
客観的に皆さんがどののように思っていらっしゃるのか、感想や意見をうかがえるのは非常にありがたいことです。
「また宇和島のレースに行きたい!!」と思っていただけるような「うわじまパールカップ」にしたいですし、年々より良く進化させていきたいとも思っています。
私たちも各地のヨットレースやイベントに参加し、交流を深めることや良いところを見習うことも大切だと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。
ほわいとほーく
2017/05/05 10:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
うわじまパールカップ2017(その2) ホワイトホークブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる