ホワイトホークブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS うわじまパールカップ2017(その1)

<<   作成日時 : 2017/05/02 07:46   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 7

画像

とうとう始まりました「うわじまパールカップ」。
今年は西日本各地から53艇のエントリーがありました。
20数年前にこのレースを始めた頃は、宇和海周辺のヨットが20艇集まるかどうかで、30ftが大型艇だった時代。
今ではヨットの大型化が進み、30ftはもはや小型艇。
ふだんは1隻もヨットがいない宇和島港に、これだけ多くの外来艇を受け入れるのは限界を超えています。
朝の開会式で宇和島市長が「立派な係留用桟橋を新設したから、もっと多くのヨットが宇和島に集まってほしい・・・」と挨拶をされていたが、かわいらしい10mの桟橋を1基設置したところで何の役に立つ?
宇和島ヨットクラブとしても、もっと多くの参加艇を受け入れたいのだけれど、係留スペースの問題やスタッフの人数からすると、これ以上規模を大きくすることはできません。
今回も50艇で制限をかけていましたが、エントリー締め切り後も出場の申し込みがあり、やむを得ずお断りさせていただいた次第です。
出場できなかった方々には大変申し訳なく思いますが、来年はぜひとも早めにエントリーをお願いいたします。

さて、今大会注目すべきは博多からのお客様。
初出場の「HUMMING BIRD V」(ロッドマン42MOD)、「MALOLO」(ファースト40)、「SAKURA」(グランドソレイユ45)。
それにパールカップ常連の「ファルコン」(ファースト40)もいらっしゃる。
きっと博多勢と広島の「SAMMY」(YAMAHA33S)や「Le Gland Blue」(X-37S)、それに松山の「CORAL REEF」(IMX38)などがファーストホーム争いを繰り広げることになるのでしょう。
しかし、私自身の心の片隅には『31ftの「ホワイトホーク」が彼らの前をチョロチョロしてやったら面白いやろうね。』と思うところもあり、ミラクルが起こることを信じて今シーズンの初戦に挑みます。

(つづく)

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
宇和島パールカップ2017大変お世話になりました♪とてもエンジョイ出来ました、スタッフの方々に深く感謝いたします♪子供たちが生き生きとじゃんけん大会に舞台上で活躍してとても暖かい気分になりました。タモリカップに負けないおもてなしが出来る宇和島ヨットクラブの平成の次の時代が楽しみですね♪来年は、九州カップの開催年でアテンド側にまわりますが、再来年には、また、エントリーさせてください♪本当にありがとうございました。辰巳拝
ハミングバードV号
2017/05/02 20:21
ハミングバードV号 辰巳様
「うわじまパールカップ」」にご参加いただき、本当にありがとうございました。
ハミングバードさんのような著名なレーサーが、宇和島に来て下さることはとても光栄なことです。
我々がやっているレースは、地方の仲良し帆走会のようなものですし、表彰式やパーティーも行き当たりばったりで、見苦しいものです。
タモリカップのようなな華やかさもありませんし、気の利いた催し物を披露することもできません。
ただ、参加してくださるヨットの皆さん、協賛してくださる企業の皆さん、宇和島市民の皆さんに喜んでいただける大会にしたいという思いで回数を重ねてきました。
ヨットクラブメンバー家族総出の手作りレースですが、喜んでいただけると幸いです。
またいつか宇和島でお会いできることを楽しみにしています。
我々も九州方面のレースに出場させていただくこともありますので、その際はよろしくお願いいたします。
ほわいとほーく
2017/05/02 22:38
はい、タモリカップやAC予選にはなかった家族ぐるみのおもてなしに感激して皆様への感謝のスイッチが入りました。博多ヨットクラブも海の日の壱岐レースを長く続けて来ましたが、今年から往路のレースから復路のレースに変更します。博多ヨットクラブのサイトをご覧ください。そして、四国宇和島からの参加も大歓迎させていただきます。今回のおもてなしも参考にさせて、楽しい壱岐赤うにレースをエンジョイしていただきたいと思います。海の日には、逸品赤うにも解禁されて世界一美味しいうにを楽しめますよ。笑い。辰巳 拝
ハミングバードV号
2017/05/03 03:46
伝統の「壱岐レース」、ぜひ一度は参加したいものです。
最近は開催されるレースも減少傾向にあるようですが、地方ならではの楽しいヨットレースを長く続けていきたいものです。


ほわいとほーく
2017/05/03 09:25
博多湾の第一日曜日は、福岡ヨットクラブの上下レースが3本あります。第二日曜日は、ホワイトセールレースが三角コースであります。第三日曜日は、博多ヨットクラブの湾内や湾外レースがあります。壱岐レースは、博多ヨットクラブの最大イベントです。数年前まで第四日曜日にJ24の月例レースもありました。ヨットマン天国ですね。笑い。従って、練習する暇はありません?是非新しくなった壱岐レースをご検討ください。また、クルーとして楽しめる舟もいますよ♪
ハミングバードV号
2017/05/03 12:00
博多はすごいですね。
これだけレースをやってたら、練習は必要ないですね。
私たちもヨットの練習はしませんが、出場するレースは年に数回。
スピンの上げ方さえ忘れてしまいます。
博多のレベルからすると比べ物にならないほどの低レベルですが、ヨットレースは楽しいです。
壱岐レースをはじめ、都合がつけば九州遠征も検討したいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。(*^^*)
ほわいとほーく
2017/05/03 21:28
はい、壱岐レースへのオープン参加をお待ちしております。宇和島のようには壱岐ませんが?壱岐牛や赤うにと美味しい名物もたくさんあります。安藤忠雄さん設計の博物館も一見の価値があります。何よ古代人の心地が脈づいている壱岐の風土をお楽しみください。笑い。
ハミングバードV号
2017/05/03 22:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
うわじまパールカップ2017(その1) ホワイトホークブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる