テーマ:レース

うわじまパールカップ2017(その1)

とうとう始まりました「うわじまパールカップ」。 今年は西日本各地から53艇のエントリーがありました。 20数年前にこのレースを始めた頃は、宇和海周辺のヨットが20艇集まるかどうかで、30ftが大型艇だった時代。 今ではヨットの大型化が進み、30ftはもはや小型艇。 ふだんは1隻もヨットがいない宇和島港に、これだけ多くの外来艇…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

「うわじまパールカップ2017」公式ホームページ開設

遅くなりましたが、4月30日に開催される「うわじまパールカップ2017」のホームページを開設しました。 エントリー締め切りは4月20日ですが、受け入れの関係上50隻までとさせていただきます。 情報は随時ホームページ上で更新していく予定です。 よろしくお願いします(^_^)/ うわじまパールカップ2017公式ホームページ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アメリカスカップ福岡

ルイヴィトンカップが福岡で開催される!! 世間ではあまり脚光を浴びてないが、ヨット乗りにとっては居ても立っても居られないほど衝撃的な話題だった。 アメリカスカップといえば、言わずと知れた世界最高峰のヨットレース。 予選とはいえ、そのレースが日本で見れるとは誰もが夢と思っていたに違いない。 かつてのACボートは喫水線下をベール…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

快勝!!

レースが終わって、すぐに帰宅するはずだったクルーは全員スケジュールを変更しました。 ハーバーに到着後、片付けと翌日の回航準備を済ませてファミレスで昼食。 温泉に入って疲れを癒します。 今回は大学時代にヨットの基礎を叩き込んでくれた先輩がお二人、応援に来てくださっていました。 二人とも長崎で活躍するヨット乗りです。 大先輩達…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

別府湯けむりヨットレース2016

夜中に降った大雨も朝には上がった。 雨が上がると風が吹く。 軽風を得意とする「ホワイトホーク」にとって、強風のレースは分が悪い・・・ ハーバーを出港すると、案の定時折20ノットを超える強い風に吹き飛ばされた。 「だめだこりゃ~」 スタート時刻のぎりぎりまでセイルの選択に悩んだが、強気で行ってしまえ~!! 0930レースス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

別府へ

秋のヨットレースといえば、「別府湯けむりレース」。 4月からずーっと仕事が忙しく夏場のレースはまったく出場することができなかったのだけど、9月末にパタリと仕事が一段落した。 10月半ばからまた忙しくなるものの、このチャンスを待っていました。 レースには出られそうだけど、レースをするために別府に行くためには数々の準備が必要です。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レース準備

来週末は久しぶりのヨットレース。 今シーズンのヨットレース出場は壊滅状態で、唯一地元のレースに1回出ただけ。 生活が安定しないとレースの成績はおろか、出場することさえ困難な状況になってしまう。 久しぶりにレースに出られるチャンスなので準備だけは前もってやっておかなければなりません。 近くに住んでいればちょこちょこ準備もできる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うわじまパールカップ写真集

「うわじまパールカップ」で本部船のスタッフを務めていただいたT先生が迫力あるレースシーンを撮影してくださいました。 写真は「フォト蔵」にて公開しており、下記URLから自由にダウンロードしていただけます。 http://photozou.jp/photo/album/3186172?sort=name 個人で楽しまれる以外の目的…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

うわじまパールカップ2016

早いもので、もう1年が経ってしまいました。 今年も「うわじまパールカップ」に西日本各地から多くのヨットが集結します。 今回は55艇のエントリーがあり、外来艇の受け入れ数は過去最大。 宇和島港へ全艇を係留できるかどうか心配していましたが、入港各艇の協力もあり、何とか無事に受け入れることができました。 ゴールデンウイーク前半は天…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「うわじまパールカップ2016」エントリー開始

「うわじまパールカップ2016」のホームページを開設しました。 エントリー締め切りは4月21日ですが、受け入れの関係上50隻までとさせていただきます。 情報は随時ホームページ上で更新していく予定です。 よろしくお願いします(^_^)/ うわじまパールカップ2016公式ホームページ ↑  ↑  ↑  ↑ 宇和島ヨットク…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

[ヨット魂」アスリートへの道

今年も「愛媛マラソン」を完走しました。 しかも、すごく満足のいく会心のレースでした。 過去3回のフルマラソンも十分に納得行くものでしたが、今回は特別・・・!! 決して記録を狙っていた訳ではありませんが、大幅に自己ベストを更新して3時間28分44秒で走り切りました。 3時間30分を切ると、次回大会から優先的にエントリーできるア…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ライトレーサー

ヨットシーズンも終わったし、これからはランニングシーズンです。 ヨットのセイルはなかなか新調できませんが、ランニングシューズなら1年に1足ぐらいは何とかなります。 練習やレースで1年も使うと、ソールがすり減って、ランニングシューズ本来の性能が発揮できなくなってきます。 何足かを使いまわしていますが、年間で1000km以上走行し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セイルのメンテナンス

今年はあっという間にヨットのシーズンが終わってしまいました。 今シーズンはあまりレースにも出れなかったけど、今までの積み重ねでNo.1ジェノアがかなり傷んできている。 悲しいことに新しいセイルを購入することもできないため、致命的なダメージになる前にきちんと修理しておかなければなりません。 セイルメーカーにジェノアを送って損傷個…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

別府湯けむりヨットレース2015(その2)

第1マーク回航。 バシッ!とタックをきめ、クローズホールド。 しばらく走って、「あれっ?」 「だるま」どこ行った? 「CHIHAYA」もいない。 「シェンロン」は? 後ろでちっちゃいジブ上げてる。 後方に黄色いフェスタの姿も見えるけど、真上りでは「ホワイトホーク」のスピードについて来れんやろ・・・。 前方を走るのは「フ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

別府湯けむりヨットレース2015(その1)

レース当日朝。なんか吹きそうな嫌~な予感。 艇長会議前に出港準備をしていると、ポツ・ポツ・・・、ポツポツポツ・・・、ザーーー 「ありゃ、降り出した。このまま、レースが終わるまで降ってろ!!」 しばらく、降ったり止んだりしていたが、由布岳の上は青空・・・ 「こりゃいかん、間違いなく吹くわ{%顔モジヒヤッ(シ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋の陣第2戦・別府に行くぞ!!

春の宇和島と並んで秋の別府はこの界隈では最大級のヨットレース。 豊後水道、西瀬戸内海をはじめ西日本各地から多くのヨットが集結します。 中でも高知のヨットは片道3日かけて九州の別府まで回航してくるのです。 今年は、「だるま」(YAMAHA31F)が宇和島に寄ってくださり、一緒に別府まで行くことになりました。 金曜日の午後無事に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ありがとう!ピースカップ!!

レースが終わって後片付けを済ませ、まったりした時間を過ごします。 レース中の緊張が解け、やることはやった充実感で、いちばんリラックスした時間かもしれません。 アフターパーティーの前に一風呂浴びて身体も気分もスッキリ。 オーケストラ付きの盛大な表彰式。 にぎやかな懇親パーティー。 たくさんの仲間達といろいろな話をし、楽しい時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周南ピースカップ2015

レース当日朝、あまり風は期待できそうにない感じの雰囲気。 むしろ風が無いぐらいの方がウチにとっては大歓迎のコンデションなのだが、昼前になってブワっと吹いて来たら困ったことになる。 案の定レース海面はてんてろりんの鏡がギラギラ。 しかし、南側には風の気配があり、時間の経過とともに吹き上がってくることは容易に予想ができた。 スタ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大津島へ

久しぶりのヨットレースで山口県に向かいます。 シーズンも終盤になりますが、夏場はほとんど「ホワイトホーク」に乗れてなかったので、出港準備に時間がかかりました。 おかげで腰を痛めてしまい行く前から先が思いやられます。 9月21日0400、真っ暗な中を周南市沖の大津島へ向け出港。 6時頃になるとようやく明るくなり始め、気合を入れ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レース準備

山陰と四国を行ったり来たりでなかなか「ホワイトホーク」の面倒を見ることができません。 仕事が忙しかったのもあり、この夏は1度しかセイリングをしてなかったなあ。 仕事も落ち着いてきたことだし、秋はヨットレースを楽しみたいと思います。 まずはシルバーウイークの「周南ピースカップ」を目指して、汚れている船底をお掃除。 一人で海水浴…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山崎ヨット「STシリーズ」

久しぶりに境港のマリーナに行きました。 いつもなら、朝っぱらは静まり返っているのに、なんだかみんな出港準備をしています。 ということは、ポイントレースかぁ・・・? 「おーい、だれか乗せてくれ~!!」 と出港間際の「岬」号に飛び乗りました。(じつは乗ってみたかった!) 学生時代に乗っていた山崎ヨットの名艇「ST-34」です。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セイル売ります

先週、愛媛からセイルを車に積んで戻ってきた。 今日は朝から芝生の広場にセイルを持ち込んで広げてみた。 メインはあまり良い状態ではないが、強風のレースでシバーさせなければ大丈夫そう。 ジェノアはまだまだ大丈夫。 リップルタウン掲載用の写真を撮って撤収。 ということで、レース用のメインとNo.1ミディアムライトジャノアを売却し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セイリング用シューズ

ヨットで履くシューズに要求されるのは、滑らないこと、蒸れないこと、デッキを汚さないこと!! これらを満たせばマリン用の高価なデッキシューズに拘る必要はない。 耐久性やデザイン性にも優れ、軽量なランニングシューズはセイリング用のシューズには最適かもしれない。 ランニングシューズにもいろいろあるが今回選んだのはアディダスの「クライ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山陰のクラブレース

境港に来て約2か月。 今まで数回マリーナに足を運んでいたものの、セイリングする機会に恵まれませんでした。 今日は美保湾ヨットクラブのポイントレース。 ようやくヨットで海に出られるチャンスがやって来ました。 乗ることになったのは「デュフォー40」。 スタイリッシュな船型はしているものの重量級のクルージングボートです。 出港…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

うわじまパールカップ2015

風薫る5月のヨットレースといえば宇和島!! すっかりこの時期のビッグレガッタとして定着した「うわじまパールカップ」も今回で20回目の記念大会を迎えることとなりました。 しかも、今年は「宇和島伊達400年祭」のオフィシャルイベントとして、さらにパワーアップして開催します。 今年も西日本各地から40隻以上のヨットが宇和島に集結しま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヨットレースTシャツ2015

「うわじまパールカップ」は、毎年ヨットレースのTシャツを作成しています。 今年は第20回目の記念大会。 しかも宇和島市が主催する「宇和島伊達400年祭」という大イベントがあります。 「パールカップ」もその協賛イベントとして開催するので、Tシャツの左胸には「宇和島伊達400年祭」のシンボルマークをプリントしました。 Tシャツの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

うわじまパールカップ2015公式HP

遅くなりましたが、「うわじまパールカップ2015」のホームページを開設しました。 今回は第20回の記念大会なのですが、準備が遅れており難航中です。 レース参加艇受付についてもしばらくお待ちください。 本大会における情報は、随時公式HPに公開していく予定です。 「うわじまパールカップ2015」ホームページ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新年会がてら・・・

今年の「うわじまパールカップ」の打合せです。 打合せとはいうものの、ヨットクラブの新年顔合わせということもあり、ビールや豪華なお寿司が並びました。 パールカップも今回は20回の記念大会。 しかも、宇和島市の「宇和島伊達400年祭」イベントの一環としてレースを開催する予定です。 明日からはもう2月・・・ 果たして、どうなるの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

第6回むさしオータムレガッタ

別府の湯けむりヨットレースから一週間。 今週は国東半島の大分空港に隣接するマリンピアむさしにやって来ました。 ここのレースはブイ回りのしんどいレース。 Tamekuri船長と私の2人では厳しいので、八幡浜のDDBさん、高知のだるまさんが応援に来てくださいました。 レースの前にマストに上ります。 ウインデックスがピタっと固ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

別府湯けむりヨットレース(レース後半戦)

ブイ周りのレースでは、マーク回航で思わぬ差が付きます。 第一上マークを先に回った「ピーターストーム」はどうしたことかスピンが海面に落ちてしまっています。 ダブルハンドなので、何かのトラブルがあったのでしょう。 「ホワイトホーク」はジャイブをビシバシ入れながらスケーティングでVMGを稼ぎます。 別府湾ロイヤルホテル沖のサイドマ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more