テーマ:

シーグラス

海に捨てられたガラス瓶などが、海岸の石などに削られてできたシーグラス。 最近テレビの番組で取り上げられたとかで話題になってるようです。 海辺の浜を歩いていると見かけることはありますが、特に気にすることもありませんでした。 週末の日曜日、子供達に誘われて、お散歩がてらに海岸を散策。 シーグラスを探して歩いていると結構楽しい!!…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

子どもと遊ぶ海の日

ひどい雨だった今年の梅雨も終わり、夏の太陽がギラギラ輝き出しました。 せっかくの海の日、子供と一緒に夏の海を楽しみましょう。 長梅雨でジメジメしていた「ホワイトホーク」も、久しぶりにフレッシュな風を受けて快走します。 島の漁港に入り込み、お弁当を食べたり、釣りをしたり・・・ 充実したオフの日を過ごすことが、仕事への活力にもつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マリン風トイレ

今日は父の日です。 仕事が忙しくてなかなかヨットに乗れないからと、子供たちが単身赴任先住まいのトイレをデコレーションしてくれました。 男の一人暮らしは寂しいものですが、明るく楽しい気分になります。 仕事もがんばれるかな?
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

進水式

広島県の造船所で大型フェリーの進水式があり、家族で見学に行ってきました。 8800トンの巨体が静かに滑り出し、大歓声に包まれて無事進水。 ヨットでも漁船でも、船の進水式は感動します。 これからの長い航海も無事に乗り切ってほしいものです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まずは道具作りから

岩場の狭い隙間に群生するカメノテを、上手に採るには専用の道具が必要。 ヨコメ貝を穿り出す道具なので「ヨコメホジキ」と呼んでいるが、大事にしないのですぐにどこかにいって無くなってしまう。 今回はちょっと多めに作っておこう。 やはり、これがないと根元からきれいに採ることは難しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山あひの海は扇のすかたにて

ホワイトホークが泊めてある場所から少し山間に入ったところに「簡要石」という歌碑があります。 「山あひの海は扇のすかたにてなみに絵かける富士の面影」 昔から変わらぬ静かな入り江の景色を眺めると、心が和む気がします。 九州の被災地に住まわれる方々にとって、今は心安らぐ暇などないのでしょうが、一刻も早い復興と地震の終息を願っています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風はなくとも・・・

久しぶりに子供達とヨットに乗りました。 沖に出てセイルを上げるものの風はありません。 しばらく漂っていましたが、吹いてくる気配がないと見るや子供達は船尾からバタ足を始めた。 11月の海はまだ寒くないらしいよ。 バタ足船外機の効果もなく、ヨットは進まず。 本物のエンジンをかけて、遊子水荷浦に入港することにしました。 アスリ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

レース準備

山陰と四国を行ったり来たりでなかなか「ホワイトホーク」の面倒を見ることができません。 仕事が忙しかったのもあり、この夏は1度しかセイリングをしてなかったなあ。 仕事も落ち着いてきたことだし、秋はヨットレースを楽しみたいと思います。 まずはシルバーウイークの「周南ピースカップ」を目指して、汚れている船底をお掃除。 一人で海水浴…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヨット体験

ポイントレース中に大勢の子供達を乗せたヨットが走ってきました。 JC主催のマリンフェスタでヨットの体験試乗会をやっているようです。 レースが終わった午後からは、ヨットを乗り換えて試乗会のクルーをします。 宇和島でも何度かやっているけれど、境港の子供達の方が積極的な感じがします。 やはり、環境がいいのかな? ヨットはともかく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こども達の「海の日」

大人達ばかり楽しんでいてはいけません。 子供達も海で遊びたいのです。 だけど、足の届かない海の中はちょっと怖いらしい。 なかなか海に入ろうとしないので、最後は漁師のおっちゃんが泳ぎの見本を見せてやることになりました。 海に親しむことで、海の良さも怖さも学んでほしいと思います。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

赤潮被害甚大

先月宇和海で発生した赤潮がとんでもないことになっている。 海は一面コーヒー色。 死んだ魚がプカプカ浮いています。 来週はレースなので船底掃除をするつもりだったが、とても潜れるような状況ではありません。 仕方ないので、デッキの水洗いでもしましょう。 長雨の影響で緑色の苔が生えていてみっともない。 せっかくなので、ワックスも…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

サメがウヨウヨ泳ぐ海

朝から一人でヨットを出しました。 しかし、全く風がありません。 メインセイルだけ揚げて、しばし風待ち。 風も波もなく静かな海面に、時折激しい水しぶきが上がります。 「ん・・・、ナブラか?」 しまった、ルアーをもってきておけばよかった・・・ なんだか、そうとうデカイ。 もしかして、バショウカジキ??? いや、そうではな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

海ガール

今どき海で泳ぐ子供がいなくなりました。 子供の数も少なくなったし、海水浴をするようなシーズンでもないので当たり前なのですが・・・ 我が家の海ガールズは夏を待ちきれずに海に入って楽しんでいます。 これも親の影響でしょうか? 今から30年前より確実に海はきれいになっています。 しかし、昔のような生命力というか息吹きのようなもの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

奥様海へ漕ぎ出す!!

気候がよくなり、奥様達が騒ぎ出した。 ある大潮の日、「カヌーを出してくれ~。ちょっくら漁に行ってくる~。」 と、子供を連れて竜王島まで漕ぎ出して行った。 なかなか帰ってこないと思っていたら、蛇行しながら楽しそうに帰ってきた。 バケツや網には大量の貝やウニ。 お~、すげ~~~ たくまし…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

岬めぐり

気がつけばすっかり春。 春の陽気に誘われて、ちょっとお出かけしました。 青い海と緑の山。 天気も良くて見晴らし最高。 名物の椿は終わっていてちょっと残念でしたが、良い気分転換になりました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ロープ掃除

奥様方がロープを引っ張って、なんだか危なっかしいことをしています。 「なにしてるんだぁ? 海に落ちるなよ!!」 感心なことにロープについたカキやカラスガイを掃除してくれています。 「でも、そんなに危険なことをしなくてもロープはずせばいいじゃん!?」 「あっ、そうかぁ。」 おかげでロープがきれいになりました。 でも目的はロ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

かわうそくん

松野町の「おさかな館」で飼育されているカワウソのレンくんが、長崎バイオパークに婿入りするということで話題になっていました。 たまには水族館もいいかもね~。 ということで、長女一人を連れて行ってきました。 妹は訳ありでお留守番。 ちょうど、レン君の出発式が行われていて、大勢のちびっ子でにぎわっていました。 レン君は愛嬌たっぷ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨットのある風景

週末はまるで春のような陽気になりました。 夜中に降った雨も朝には上がり、この時期には珍しく靄がかかっています。 風もなく、まるで雲の上にヨットが浮かんでいるような幻想的な朝の風景でした。 夕暮れ時は逆さ富士が水面に映り、まさに絶景。 こんな見事な日没はめったに眺めることができません。 穏やかな一日の終わりに心和むひと時でし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

冬の渚

打ち寄せる波の音。 吹きすさぶ冷たい風。 誰もいない冬の渚は、まるで演歌の世界です。 そこに子供の声が響き渡ると世界は一転。 童謡でも聞こえてきそうです 子供たちは楽しそうに波打ち際で遊んだり、貝殻拾いをしています。 寒いのにね・・・
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

たこなんです

海底に珍しいものが沈んでいるのを発見した。 「アオイガイ」です。 アオイガイとは言うものの、貝殻の中にはタコが入っていてプカプカと船のように漂流するのです。 「タコブネ」とか「カイダコ」とか呼ぶこともあります。 見つけたのはこれで3個目かな? 殻は半透明で薄く、縞模様がとてもきれいです。 きれいに洗って、クリアーコーティ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

恐るべし!!ホワイトホーク婦人部!

せっかくの日曜日。 珍しくゲンちゃん家族も来ていてヨットに乗ろうと思っていたのに、あいにくの雨。 「この天気ではねえ~」 子供達は「カヌーに乗りたい」と言うので、濡れるの覚悟で船を下ろす。 幸い雨も小降りになってきた。 ゲンちゃんが子供2人を乗せてカヌー初挑戦。 ちょこっと乗ってすぐにやめるのかと思ったら、なんと向かいの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

カヌーツーリング

ヨットに泊まった翌朝は早く起きて、レストアしたカヌーに乗って前の島までお散歩です。 朝の涼しい時間は風が出ないので、海底までクッキリ見えます。 魚の群れが泳ぎまわり、まるで海のお花畑です。 カヌーだと水深50cmでも座礁しません。 だけど、ヨット乗りなので、海底が見えるとなんだか落ち着かないのです{%顔モジヒヤッ(シェイク)…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

宇和海の海岸線

休日だというのに、仕事かぁ~ ブツブツブツ・・・ と、文句を言いながら、八幡浜へ向かう。 「そうだ、いつもと違うルートで行ってみよう!!」 「そういえば、プロペラを落としたヨットの修理が完了して出港すると言っていたなぁ。 もしかして、見送りができるかも?」 と思い、三瓶のフィッシャリーナに行ってみた。 すでにヨットの姿…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

吹き倒しました

この週末は、爆弾低気圧の影響で大荒れの天気になりました。 昨日の南風は台風並み、今日の北西風は真冬の強烈な寒気並み。 おそらく瞬間で30m/sぐらいは吹いていた。 庭の植木は吹っ飛び、家の中にいてもゴーゴー風の音がして落ち着かない。 係留しているヨットも左右に引っ張られて、アンカーロープが切れないかと心配でした。 やっぱり…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

内助の功は高くつく

なんか、いや~な予感がしよったんよね。 ウチの奥様が文句も言わず、ヨットのドックを手伝うなんておかしいじゃん? 「コイツなんか企んどるな・・・」 と思っていたら、 「子供が春休みだしぃ~。ちょっと旅行に行ってくるぅ~。」 ・・・ 「やっぱりかぁ・・・ どこに行くか知らんけど楽しん…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

海の草刈り

ヨットを係留しているアンカーロープから、ホンダワラ君ががビヨヨヨ~~~ンと伸びている。 冬の間に成長し、もう少し暖かくなると、茎が腐って子孫繁栄のため流れ藻になって旅立っていくのだけど、この時季はまだしっかりロープにくっついていて、少し引っ張ったぐらいではちょん切れない。 春になると、藻場を求めてモイカが産卵に来るので、そのまま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海の恵

桟橋から、ちょいと竿を振れば魚が釣れる。 その気になれば、釣り上げて1分以内に自宅のまな板の上にのせることも可能。 世界一新鮮なアジを食べられる幸せ 最高の贅沢ですかね 海の恵に感謝
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

澄み潮

レースも終わり、久しぶりに釣りでもするかぁ・・・ と思い早朝から海に出かけた。 しか~し、海底までスコーーーンと見える透き通った海の水。 「ありゃ~、こりゃだめだ」 案の定、魚の活性は低く、何も釣れず。 澄み潮はきれいだけど、酸素も栄養もない生命力のない水。 それにしても、こんな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

海の絵

さてさて、子供たちの夏休みの力作が出来上がったようです。 姉ちゃんは2枚、妹は1枚。すべて海の絵 親バカ具合が計り知れます・・・ ヨットレースでトップを快走するのはもちろん「ホワイトホーク」 2番手、3番手は・・・ どこかで見…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

灯台下暗し

職場の目の前に「宇和島市歴史資料館」があるが、今まで一度も訪れたことがなかった。 立派な洋館風の建物で、すぐ隣は樺崎砲台跡。 いちおう宇和島市の観光名所のひとつではあるが、人気はなくいつもひっそりしている。 散歩がてら職場に忘れ物を取りに行ったついでに、ちょっと寄ってみた。 入館料は無料。 展示はぜんぜんたいしたものはなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more