3度目にしてようやく・・・

船頭に誘われ今シーズン3回目のイサキ釣り。潮の都合もあり、今回はちょっと早めに出船してみました。いつもの島のいつものポイントに錨を下ろし様子見。まだ明るいので、ウミガメが頭を出したりサメのヒレが見え隠れしたりします。潮はいい感じに流れていて・・・いきなりウキがスポーーン!!「この沈み方は・・・」待望のイサキです。3度目の釣行にして、やっ…
コメント:0

続きを読むread more

うわじま父の日ヨットレース?

コロナ自粛も緩和傾向となり、徐々に社会活動も再開し始めました。「そろそろ海に出よう!!」というグループLINEが回ってきて、日曜日にセイリングすることになりました。当日集まったのは宇和島ヨットクラブの5隻だけでしたが、せっかくなので幻に終わった「うわじまパールカップ」の憂さ晴らしレースです。海上の各艇にはLINEでスタート時刻が共有され…
コメント:2

続きを読むread more

2度目の出船

今シーズン2回目の出船です。今回も夜釣りでイサキを狙います。夜からは大雨になりそうな生憎の天気なのですが、ずぶ濡れになっても釣りたいというのが釣り人の性。ヨットも釣りも同じです。時化の中でスプレーを浴びながらヨットを帆走らせている時に磯場で釣り人を見かけると、「こんな時にどれだけ釣りが好きなんや?」と思うことがありますが、きっと向こうも…
コメント:2

続きを読むread more

高原の風

たまには海から離れて山の空気も吸いたくなります。「ちょっと行ってみようかねえ」車を走らせること1時間半で四国カルストに到着。蒸し暑い下界の空気とは違い、ここは天然のクーラーが効きまくりの楽園。夏は多くの人が避暑に訪れますが、さすがにコロナの影響もあってか人出も少ないようです。高原の風に癒されてしばしの極楽気分を味わいました。帰り道で天空…
コメント:2

続きを読むread more

ステイヨット

先週の土曜日は家族みんなでお墓参り。父が亡くなり、もう31年が経ちました。妻と子供達はそれぞれ用事があり帰宅したものの、私は実家に残って夜は一人でヨットに泊まることにしました。今ヨットを係留しているところは、かつて父が仕事のために使っていた小さな漁船を繋いでいた場所。海を愛した父と語らいながら、静かな夜を過ごしました。夜中に目を覚まして…
コメント:6

続きを読むread more

カジュアルな内装

ホームセンターをウロウロしているとマリンチックなフロアマットが目につきました。あまりにもベタなデザインなので人気がなかったのでしょう?売れ残りのセール品です。購入する気など毛頭なかったので一度はスルーするも、ちょっとしたアイデアが浮かび買って帰ることにしました。今までヨットの船内を土足禁止にしたことはありませんが、レースもないことだし巣…
コメント:2

続きを読むread more

夜航海

今年もいい季節になってきました。水曜日の平日ですが、船頭からのお誘い・・・「行ってみる?」『行く、行く!!』仕事が終わって直行し、午後6時出船です。向かうのは秘密の島の秘密の磯場。午後7時にアンカーし、周りが暗くなってからが本番です。心配していた雨も大丈夫そうだし、ローソン限定の鬼滅の刃おにぎりで腹ごしらえ。「さあ、やってみますかぁ…
コメント:2

続きを読むread more

ヨット界の問題

緊急事態宣言解除で徐々に日常生活も元に戻りつつあります。この週末は同じ職場の青年を連れてヨットに乗りました。彼はお隣の香川県から来ていますが、県外への移動が禁止されているため帰省することができず、毎週暇な週末を過ごしていたそうです。もともと海にかかわる仕事なので、ヨットに誘うと「ぜひ乗せてください!!」と言ってついて来ました。ヨットに乗…
コメント:2

続きを読むread more