クジラが泳ぐ海

画像

春はドックの時期です。
船内に大量の資材を積み込んで雨の中出港。
発達中の低気圧が通過中で強い南風が吹いています。
春の嵐ですが、ドックまでは追風で走れるので楽勝です。
プレーニングを楽しみながら鼻歌まじりで機走していると、近くで「ザッパーーン!!」
見ると左舷側正横約50mぐらいのところにクジラの背中。
正確な大きさは分かりませんが、31フィートの「ホワイトホーク」ぐらいはあったと思います。
これだけ間近に大型クジラが現れると、さすがに恐怖を感じました。
しばらく心臓はドキドキし、足の震えが止まりませんでした。
もしクジラと衝突していればヨットは沈没し、一人で海に投げ出されていたかもしれません。
それを考えると、ゾッとします。
クジラにぶつかることはめったにないことかもしれませんが、衝突、座礁、落水、デスマスト・・・etc.
事故はいつ起こってもおかしくありません。
急に一人で海に出るのが怖くなりました。
画像

画像

画像

画像

画像


この記事へのコメント

ハミングバードV
2019年03月23日 11:20
くじらさんとのヒヤリングハット、さぞや怖かったでしょうね。壱岐近辺ではイルカがお出迎えは、たびたびあります…くじらさんは、見かけません。3月31日のみどりさん中間ハーモニーホールのコンサートを前に21日にみどりさん体調をみだして心配しています…ブログに激励コメントを宜しくお願い致します。博多ヨットクラブのサイトもご覧ください。
ほわいとほーく
2019年03月23日 23:19
ハミングバードⅤさま。
イルカの群れには時々遭遇しますが、イルカはかわいいです。
以前、1頭の迷いイルカと一緒に遊びながらホームポートの近くまで帰ってきたことがありましたが、別れるのがつらくなったほどでした。
でもクジラはいけません。怖いです。
こんなにヨットの近くに現れたのは初めてですが、慌てて舵を切って逃げました。
宇和島ではマッコウクジラに漁船が跳ね飛ばされて人が亡くなる悲惨な事故が起きたこともあります。
イルカのようにヨットのすぐ近くを泳ぎ回られたら『恐怖』以外ありません。
クジラも増えすぎているのか?多くの目撃情報があり、海上保安部が注意を呼び掛けています。
みどりさんの体調不良は心配ですね。
でも美味しい若松トマトを食べればきっと元気になると思います。
博多ヨットクラブのサイトも時々のぞかせていただいてます。
活気があっていいですね。(^O^)/
ちはやママ
2019年03月24日 22:55
クジラと遭遇……ご無事で何より。逢って見たい気持ちもありましたが、記事を拝見して、「もう逢わなくていい。」と思ってしまいました。「2月~3月には宇和海にクジラが来る。」と話していた「なんかんさん」を思い出しました。
ほわいとほーく
2019年03月24日 23:48
ちはやママさん、こんばんは。
巨大な野生動物が突然目の前に出てくると、さすがに驚きます。
ビックリして腰が抜けそうでした。
森の中でクマさんに出会ったら、すたこら逃げますよね。
なんかんさんが亡くなられてもう2年。
早いものです。