セイルのメンテナンス

画像

今年はあっという間にヨットのシーズンが終わってしまいました。
今シーズンはあまりレースにも出れなかったけど、今までの積み重ねでNo.1ジェノアがかなり傷んできている。
悲しいことに新しいセイルを購入することもできないため、致命的なダメージになる前にきちんと修理しておかなければなりません。
セイルメーカーにジェノアを送って損傷個所の補修と補強をやってもらいました。
しかしながら、細かい破れやほつれなどは手つかずだったので、コツコツと補修用フィルムを貼って自分で処置を施しました。
いちばんの問題はセイルの命でもあるリーチ部分が内側にカールしてしまっていることで、これでは適正なカーブが発生せず、きれいに風を流すことができません。
リーチテープをはずして、新たなカーブを描いてもらいリカットすることになりました。
けっこうな費用がかかってしまいましたが、無駄な投資とならないよう来シーズンは良い走りを取り戻したいものです。
画像

画像

画像

画像

画像

画像


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ケース家
2015年11月06日 07:44
セールのメンテが勝利への近道ですね(^^♪
うちはそれ以前の問題ですが( ̄▽ ̄;)
ほわいとほーく
2015年11月06日 12:59
パリッパリの新しいセイルで走ってみたいものです。( ̄O ̄)