周南ピースカップ2015

画像

レース当日朝、あまり風は期待できそうにない感じの雰囲気。
むしろ風が無いぐらいの方がウチにとっては大歓迎のコンデションなのだが、昼前になってブワっと吹いて来たら困ったことになる。
案の定レース海面はてんてろりんの鏡がギラギラ。
しかし、南側には風の気配があり、時間の経過とともに吹き上がってくることは容易に予想ができた。
スタート直前になり安定した南東の風が入り、南北に設置されたスタートラインのアウターリミット側が大混雑。
10:00レーススタート。
スピンを上げて一気にフリートのトップに躍り出るはずだったが、タイミングが若干遅れ大型艇のブランケットにはまり込み身動きが取れなくなった。
地元の「ブルーノートⅣ」や「ピーターストーム」が良いスタートを切り序盤でどんどん差を広げられてしまう。
何とか大型艇2隻のケツをかわしてブランケ地獄を抜け出した時はすでに、最初のレグの中盤。
第1マークの周防灘2号ブイは何番目に回っただろうか?
完全に出遅れてしまったものの、南に向かう第2レグではかなり挽回した。
前にいるのは大型艇の「シェンロン」と「コーラルリーフ」だけ。
「ブルーノートⅣ」と「ピーターストーム」は横並び。
大型の「CHIAYA」が後ろからやって来て横に並んだが、前に出られることはなかった。
「シェンロン」が独走しているように見えたが、野島南側のオモゼのアプローチで「コーラルリーフ」が「シェンロン」に大接近。
ほぼ2隻並んでオモゼを回航。
「ホワイトホーク」は並んでいた3艇を振り切り、3番手で回航。
即スピンアップして、先を行く2艇を追いかける。
前ではファーストフィニッシュをかけた大型レーサー2隻がラフィング合戦を繰り広げている。
前の2隻が激しくやり合ってるうちに「ホワイトホーク」はかなり差を縮めた。
どうやら、ファーストフィニッシュは「コーラルリーフ」が勝ち取った模様。
3分遅れて「シェンロン」がフィニッシュ。
おそらく10分以内の差なら「ホワイトホーク」にも勝ち目はある。
最後まで気を抜かずに船を走らせ3着でフィニッシュ。
先頭艇からちょうど、10分ぐらいの差かな?
後ろはほぼ問題ないでしょう。
画像

画像

画像

気になるレース結果は惜しくも2位・・・。
優勝の「シェンロン」とは修正で11秒差の僅差でした。
昨年のレーティングなら確実に優勝でしたが、今年は少しレーティングを引き上げられてしまい、それが響いてしまいました。
それでも、あと15秒早くフィニッシュできていたらひっくり返っていただけに残念なところです。
まあ、今回「ホワイトホーク」のレーティングが上がって優勝を逃したということは、レースをより面白いものにしようという実行委員会の思惑が叶ったわけで、それはそれで良かったと思います。
出場艇の半数以上がタイムリミットに引っ掛かりDNFになるという残念な結果となりましたが、久しぶりの自艇でのレースを満喫することができて感激です。
優勝した「シェンロン」さんおめでとう!!
次は負けないよ・・・
画像

画像

画像



画像

成績表

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ケース家
2015年09月28日 08:03
優勝出来なかったのは残念でしたが走りでは勝ってるので良かったんじゃない。
来月もシェンロンと激突でしょうかね(^^♪
ほわいとほーく
2015年09月28日 20:42
来月は秋の陣2戦目ですね。
鷹狩り艇にやっつけられないよう、逃げ足を速く鍛えておこうっと!!
ちはやママ
2015年09月28日 21:19
遠くから帰ってきて回航、レース、また回航……そして遠くまで帰ったのですね。本当にお疲れ様でした。
横に並べて光栄でした。置いていかれちゃったけれど。
ほわいとほーく
2015年09月28日 21:49
ちはやママさん、こんばんは。
単身赴任生活が始まって、夏は仕事、秋はヨットレース、冬はマラソンというプランを立てていました。
夏休みを9月の連休にひっつけて、今回はゆっくりできました。
遠くから地元に帰ってレースの回航準備をして子供の運動会に参加。
大津島まで回航してレースに出て回航して帰っても、まだ4日も休みがあるんです。
その間に車の運転免許の更新も済ませて、運動会の振り替え休日の子供達と高知に行ったり香川に行ったりして遊びました。
こんなに充実した休暇を過ごせたのも久しぶりです。
来月は別府でお世話になる予定です。
よろしくお願いしま~す(^O^)/