第6回むさしオータムレガッタ

画像

別府の湯けむりヨットレースから一週間。
今週は国東半島の大分空港に隣接するマリンピアむさしにやって来ました。
ここのレースはブイ回りのしんどいレース。
Tamekuri船長と私の2人では厳しいので、八幡浜のDDBさん、高知のだるまさんが応援に来てくださいました。
レースの前にマストに上ります。
ウインデックスがピタっと固まって動かなくなることがあるため交換しました。
画像

画像

画像

レース当日は予報通り風はない模様。
朝8時からの艇長会議を終え、レース海面に出て行きますが、川のように速い潮が流れています。
コースはトライアングル+ソーセージ。
厳しいレースになりそうです。
スタート5分前までにスタートラインの遥か彼方上流まで船を進ませエンジン停止。
風が無いのでスタート位置まで勝手に船が流れていきます。
たぶん潮を読まずに下流側にいた船は悲惨なことになっていたと思います。
09時30分。スタートのホーンが鳴っても弱い風と強い潮流のおかげでなかなかスタートラインまでたどり着くことができません。
「ホワイトホーク」ではアンカーの準備を始めました。
しばらくして、ソヨソヨ~っと吹いたときに少しだけ走りましたが、また風はピタっと止まりました。
我々の上流まで走ってきた「シェンロン」も同じように止まって流されています。
「これではいかん、レッコアンカー。」
ついに投錨しましたが、走錨している模様。
「あまり良くないね・・・」
やはりアンカーは上げて、みんなで流されることにしました。
「シェンロン」がじわじわ走り出します。
「ホワイトホーク」もじわりじわり。
しかし、本船の引き波なのかうねりなのか、いやらしい波があって、セイルはバタバタ船はゴロンゴロンで最悪の状態です。
やっとのことで「シェンロン」が上マークまでたどり着きスピンを上げますが、「ホワイトホーク」はなかなかたどり着くことができません。
画像

画像

画像

「シェンロン」に遅れること15分。
ようやくマークまで来たものの、舵が効かない。マーク回航に苦労します。
「最初のマークですでに15分の差をつけられているということは、もう無理か?」
何とかスピンを上げるものの悪い波に翻弄されて風の向きが良く分かりません。
気が付けば大型の「伯鴎」がすぐ後ろまで来ていました。
今回は久しぶりにヘルムを取っていましたが、さすがに心が折れそうでした。
しかしながら、徐々に風が上がってきて、本来の走りを取り戻しつつあります。
後ろまで迫っていた「伯鴎」を引き離し、サイドマークでジャイブ。
風は順調に吹き上がってきて、快適なスピンランになってきました。
ところが転流した潮の流速も上がり、スタート時とは逆の南方向にガンガン流れています。
調子に乗って上らせ気味で走っていたのだけど、余裕を持って下マークの北側を向けていた方が良さそうです。
前を行く「シェンロン」は下マーク手前でかなり厳しくなったようで、少し差を詰めました。
ここでコース短縮になるのかと思いきや、レースは続行。
最後の上下ソーセージも弱い風と強い潮に悩まされる厳しい展開でしたが、2着でフィニッシュすることができました。
ファーストホームの「シェンロン」とは、修正ではどちらが勝つか微妙な時間差です。
結果は、「ホワイトホーク」が僅差の勝利。
別府ではギリギリでウチが負けているのでこれでおあいこ。
今年の最終戦を優勝で飾ることができ、とても嬉しく思います。
画像

画像

画像


【レース結果】
1   (2) ホワイトホーク 〔ヤマハ31S〕
2  (1) シェンロン 〔ジャヌー350D〕
3  (6) Breez 〔ヤマハ28S〕
4   (7) 小次郎 〔J24〕
5   (5) Long 〔ヤマハ30SⅡ〕
6  (4) セーラーズムーン 〔ヤマハ36B〕
7   (3) 伯 鴎 〔ベネトウファースト37〕
8   (8) 風太朗Ⅲ 〔ジャノーS.O379〕
RET ホクシン 〔ババリア35E〕
RET ゆきどり 〔マクレガー26〕
DNF FORTUNE 〔 OSEANIS321〕
DNF Y&K 〔パイオニア9〕


今年のレースは5戦して3度の優勝
いつも人手が足りず、あちこちから応援に来ていただいて勝たせてもらっているようなものです。
来シーズンはさらに厳しい戦いになることは必至ですが、春まで充電しておきます。
ホワイトホークにご加勢いただきました皆様ありがとうございました。
来シーズンもよろしくお願いします。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

だんだん
2014年10月29日 08:08
潮が強いとキツイね。
最終レースも勝ってますます憎まれっ子ですな(^_^)
だんだんの改造も少しづつ現実的になってきましたよ。
ほわいとほーく
2014年10月29日 11:02
国東沖の潮は強烈ですが、それほど複雑な流れではないと思います。
潮の流れを考えながらレースに挑むことも大事ですね。
ホワイトホークだけが憎まれ役になってるようですが、海賊艇の改造は間違いなく悪者扱いされますよ。(^-^;