土佐清水クルージング その1(往路)

画像

5月5日から5月8日まで、久しぶりの純クルージングに出かけてきました。乗員は下船休暇中のtamekuri氏とGW休暇のnishimura。今回のテーマは「高知にカツオを食べに行こう!!」ということで土佐清水を目指すことにします。
画像

5月5日(一日目)
昼ごろ三浦を出港。天気もよくラジオを聴きながらのんびり航海。FM愛媛は「きさいや広場」からの生中継。知っていっる人が何人も登場しておどろいた。
細木運河をくぐり抜けセイリング開始。アビームで快適にセイリングして南下する。今夜は柏島あたりまで行こうと思ったが日が暮れてしまうので、西海町(現在は愛南町)の中泊に入港した。ここは強風から民家を守るために築いた石垣が有名なところ。港の中は磯渡しの渡船が出入りするため引波がひどくあまり居心地はよくありません。港内はスローで航行しましょう。
画像

画像

5月6日(二日目)
朝から強風が吹いている。覚悟をきめて荒天準備で出港。港を出たとたん30ノットの北西風に蹴っ飛ばされて海水のシャワーを浴びる。しかし、南下するので追い風。鹿島の海峡を抜け、ストームジブ1枚揚げて7ノットで快走。9時過ぎにはダイビングで有名な柏島を通過。風も落ちてフルメインでのんびりモードに突入。久しぶりにケンケンを流したがカツオはゲットできず。南から2メートルぐらいのうねりが入ってきている。
13時過ぎに土佐清水入港。港奥の岸壁に係留。大型スーパーのすぐ裏で、ガソリンスタンドや釣具店もすぐ近くにある。買い物や燃料、氷の調達にも非常に便利。トイレもすぐ近くにあるし銭湯も歩いて10分ほど。おまけにここの漁船はマナーがよろしく港内はとても静か。至れり尽くせりである。
入港して正面の岸壁に三重県の志摩からきた50フィートのアルミ製ヨットが係留していた。ちょうどヤンマーの前の岸壁でプレジャーボートはここに係留しても良いとのことであった。
すぐ近くの「黒潮市場」でゲンちゃん家族と待ち合わせして昼からゴージャスに海鮮バーベキューを開始。新鮮な刺身をつまみにビールでのどを潤し、一夜干しの干物を炭火で焼き、清水サバのお寿司を豪快にほおばる。ああ何という贅沢でしょう・・・。でも、お値段は観光客プライスなのでちょっと高め。特にカツオのたたきはかなり財布には厳しいのでパス。
ゲンちゃんファミリーは車で宇和島に帰り、夕方銭湯に行って、帰りにスーパーで買出し。スーパーのカツオで十分よね・・・と思って、たたきを2パック買って帰る。よく見てびっくり!!なんと三陸産の解凍カツオだった。カツオの本場に来て何をしよるんじゃろうね?でも美味しかったので良しとしよう。今年はカツオが不漁なんだそうです。
画像

画像

画像


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック